相談に乗るときは知っておきたい!質問の2つの種類

ゆかかですー!

本日は、質問には2つの種類があるということについてお話しします。

 

先に言ってしまうと、

答えられる質問

答えられない質問

があります。

 

誰かに質問される場面で

答えない(答えられない)のが正解

というときがあるのです。

 

誰かに相談されたり、

質問されたりすることが多い人は

是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

 

他人が答えられる質問

これは、簡単に言うと、

誰が答えても同じ答えになるものです。

 

たとえば、

「今、何時ですか?」

のような質問です。

 

逆に言うと、このような類の質問でないと

他人が答えられない質問ということになります。

 

他人が答えられない質問

こちらは、本人が考えなければ

結局は答えがでないことです。

 

たとえば、

「私の人生、どうしたらいいでしょう?」

のような質問です。

 

こういう質問は、他人が答えられるものではありませんね。

ですが、聞かれることがあるかもしれません。

 

一部の質問する側の人は、

質問したら、まっすぐ答えが返ってくる

というように、どんなことにも答えを1つに求めがちです。

 

ことわざでさえ、反対の意味のものもあります。

  • 善は急げ・せいては事を仕損じる
  • 渡る世間に鬼はなし・人を見たら泥棒と思え

などなど…

ようは、正解が存在しないことが多いのです。

 

それでも多くの人は、答えを1つに求めてしまいます。

そのほうが理解しやすいからでしょう。

 

ですが、

納得のいく答えは人それぞれですし、

その答えは複数あるかもしれません。

 

なので、

こういった質問には他人は答えられません。

答えられないんです。当然です。

 

えー、じゃあ相談しようがないじゃん!

と思われるかもしれませんが、

自分で自分の行動の選択をするのは、

なかなか大変です。

それを無意識のうちに人に代わってもらいたくなり、

相談されるのだと思います。

 

先ほども書きましたが、

自分の行動選択は自分でしか決められないことです。

 

聞き手はこちらからアドバイスしたくなるのをぐっとこらえて、

答えない姿勢をとり、

相手に少しずつでも考えてもらうように促します。

 

他人には答えられない質問があることを理解しておきましょう。

まとめ

他人が答えられない質問は意外と多いということに

気づいていただけたでしょうか。

 

相談に乗る側としては、

変にこちらからアドバイスせず、

本人自信が考えていけるように

お手伝いできるといいですね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です